『日々』11号
2008年3月1日発売 価格700円(税別)

ガラス作家の艸田正樹さんは、工房のある金沢で創作し、暮らしています。彼の友人であり、まだ金沢を訪れたことがないという飛田和緒さんのために、冬の金沢を案内していただくことに。観光ガイドとはひと味ちがう、金沢に住む人の息遣いを感じられた旅になったようです。

目次

ギャラリー・イラスト訪問
「恵文社一乗寺店」

料理家・飛田和緒さんを
ガラス作家・艸田正樹さんが案内する
冬の金沢
 艸田さんの工房を訪ねる
 艸田さんの自宅でお茶をいただく
 金沢、浅野川沿いの古い街並みを歩く

コーヒー通信 久保百合子+大宅稔
「コーヒーメーカーでおいしいコーヒー」

三十年ぶりの
雛飾り

お茶を探す旅 高橋良枝+久保百合子
古都・金沢の加賀棒茶

桃居・広瀬一郎さんが注目している
中野和馬さんの工房を訪ねる

飛田和緒の印象に残った
「いただきもの」

うつわの履歴書 三谷龍二
「アイスクリームスプーン」

米沢亜衣さんが作る
「イタリアの日々のごはん」

公文美和の写真日記
「おいしい日々」

聞き書き・江戸前鮨の仕事
「かれい」

日々のお気に入り
「花のうつわ」

四季の野草 かわしまよう子
「四つ葉のクローバー」


 


 1号 2号 3号 4号 5号 
  6号 7号 8号 9号 10号
 11号 12号 13号 14号 15号
 16号 17号 18号 19号 20号
 21号 22号 23号 24号 25号
 26号 27号 28号 29号 30号
 31号 32号 33号 34号 35号
 36号